のと鉄道ロゴ
のと鉄道株式会社

○ (JR西日本)七尾駅(ななおえき)

七尾駅(ななおえき)

レンタサイクル有り
穴水駅
のと鉄道の始発駅。
(七尾~和倉温泉間はJR西日本との相互運転区間)
今を去る590年の昔、守護大名の畠山氏が能登に着任して築いた山城の七つの屋根に基づき名付けられた地名。
その後、天正9年(1581年)に前田利家が着任して小丸山に城を築いたが、地名はそのまま『七尾』を利用した。
現在の七尾は、天然の良港である七尾港(重要港湾)を中心に栄えてきた町である。
5月には、高さ12m・重さ20tという日本一のでか山(曳山)が街を練り歩く『青柏祭』が行われることでも有名。
のと鉄道の列車は『のとホーム』から発車。

【主な観光スポット】

スポット レンタサイクル
移動時間(片道)
備考
能登食祭市場 5分  
七尾和ろうそく 5分  
小丸山公園 5分  
与謝野晶子歌碑 5分  
気多本宮 8分  
山の寺瞑想の道 10分  
山の寺風致地区 10分  
七尾美術館 10分 つこうてくだしフリーきっぷ優待券(割引券)
妙観院 15分  
七尾城史資料館 25分  
七尾軍艦所跡 25分  
七尾フラワーパーク
のと蘭の国
25分  
能登国分寺展示館 30分  
能登国分寺跡 30分  
七尾城跡ハイキングコース 40分  
七尾城跡 60分   
七尾城山展望台 60分  

〔季節の祭事〕

《他交通機関への乗り換え》

JR西日本(金沢方面普通列車 大阪・名古屋・越後湯沢方面特急列車)

【沿線の観光スポット】

○ 七尾城跡
 能登の守護職畠山氏の居城跡。
城山展望台からは七尾湾・能登島・和倉温泉等の大パノラマが広がる。

○ 小丸山公園

天正9年(1581年)、前田利家が入国・築城した平城、小丸山城の跡地。加賀百万石の始まりの場所でもある。
今は石垣のみが残され、春は桜、初夏はツツジの名所として市民のいこいの場となっている。

○ 山の寺瞑想の道
16箇所の古寺をめぐる約2.2KMの遊歩道。
寺院群の成立は、天正9年(1581年)前田利家が防衛用に転用する目的で、真宗をのぞく各宗派寺院を配慮したことによる。
各寺には趣深い伝承や、寺宝などが残る。

○ のと蘭の国
温室「蘭遊館」では、世界各国から集められた沢山の種類の蘭が楽しめる。

 

駅名をクリックすると、各沿線の案内を知ることができます。

のと鉄道株式会社  本社 〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町字大町チ24番地2
TEL(0768)52-4422  FAX(0768)52-4455  E-mail ntrhp@po.incl.ne.jp
2008 © NotoTetudou Corporation. All Rights Reserved.